So-net無料ブログ作成

「あなたは許されたわけではない」 息子刺殺で猶予刑の母に裁判長が説諭(産経新聞)

 高額な医療負担に悩み、自殺未遂で意識不明となり入院中だった当時40歳の長男を刺殺したとして、殺人罪に問われた無職、和田京子被告(67)の裁判員裁判の判決公判が22日、東京地裁で開かれた。山口裕之裁判長は「精神的に追い込まれた中で犯行に至ったことは同情の余地がある」として、懲役3年、執行猶予5年(求刑懲役5年)を言い渡した。

 判決の言い渡し後、山口裁判長は「これは人を殺すことで事態を打開することを認める判決ではありません」と和田被告に説諭。さらに、「特にお孫さんたちには、あなたが許されたわけではないということを伝えてください。これが裁判員の思いです」と続けると、和田被告は涙ながらに「ありがとうございました」と深々と頭を下げた。

 山口裁判長は判決で、「(高額な医療費に保険が適用されないという)局面を乗り越えるために手段を尽くす余地はあった」と、犯行が短絡的であったと指摘。一方、「意識回復の可能性がほとんどないまま延命治療を受ける被害者を哀れに感じ、死ぬことを望んでいるのではないかと考えた経緯は理解できる」と、一定の同情を示した。

 判決後に会見した裁判員経験者の女性(55)は「自分だったらどうしただろうと考えたが、結論は出ない。裁判員の難しさを感じた」。また、男性会社員(34)は「痛ましい事件を減らすために、保険制度や医療制度の見直しが必要」と話した。

【関連記事】
自殺未遂で入院、高額な医療費… 長男刺殺の母
入院中の息子を刺す 無職の女を現行犯逮捕
介護保険制度めぐりシンポジウム 大阪
預金保険料率引き下げ、実は郵貯救済? 政策に矛盾
公約違反 「うばすて山」廃止先送り

将棋 鋭い攻め 羽生が連勝 名人戦第2局(毎日新聞)
愛子さまの通学状況、東宮大夫が公表せず(読売新聞)
「与党大幹部に帰化子孫多い」 石原発言に福島党首猛反発(J-CASTニュース)
福祉・医療貸付の継続で意見分かれる−厚労省内事業仕分け(医療介護CBニュース)
新幹線で盗撮、JR西職員逮捕=出張帰り、女性の隣に移動−兵庫県警(時事通信)

「生徒指導提要」30年ぶり抜本改定 「ネットいじめ」「虐待問題」対応(産経新聞)

 インターネットや携帯電話を利用した「ネットいじめ」や有害サイト問題などについて、全国の小中高校などで生徒指導に当たる教師に、統一的な対策が示されることになった。文部科学省は、教員の生徒指導の手引き書「生徒指導提要(ていよう)」を約30年ぶりに抜本改定。新たに小学生も対象とし、ネット社会での学校の問題のほか、児童虐待の早期発見に教師らが義務を負っていることも明記した。夏ごろに全国の学校に配布予定だ。(植木裕香子)

 生徒指導提要は、教員が生徒指導をする際のいわばマニュアル本。子供たちの日常や社会生活について注意すべき点などが記されている。

 旧文部省が昭和40年に作成後は、全国で校内暴力が社会問題化した56年に一部改定されただけだったが、文科省がインターネットや携帯電話の普及など、時代の変化にあわせて、約30年ぶりに改定。これまでは中高生だけを対象としたが、非行やいじめの若年化に伴い、小学生の生徒指導も対象とした。

 改定提要では、ネット上の「学校裏サイト」やプロフと呼ばれる自己紹介サイトで中傷の書き込みをする「ネットいじめ」について指摘。「繰り返させないために、被害者の傷が深いことを気づかせることが大切」と強調した。また、ネット上に書き込まれる殺人予告や自殺予告などについては、「警察に110番通報すべき」としている。

 出会い系サイト、アダルトサイト、違法薬物販売サイト、自殺サイトなどに児童・生徒が触れるケースが多いことも強調。こうしたサイト利用を勧誘する不審な迷惑メールなどには「返信しないように指導することも大切」とし、有害サイトへのアクセスを防止する「フィルタリング」を「保護者に呼びかけることが重要」とも強調している。

 児童虐待問題についても「学校関係者は児童虐待を早期に発見する義務を負っている」と指摘。教員単独で問題を抱え込まないように促し、「『疑わしきは(児童相談所などへの)通告』との姿勢で臨むべき」と強調した。

 文科省では、これまでも、こうした問題について「ネット上のいじめ対応マニュアル」などを作成・配布するなどし、教育現場でもそれぞれ対応してきた。しかし、今回の改定で、さまざまな問題に全国で統一的な指導基準が示されることになった。教師からは「どうしても場当たりになりがちな新しいネット・トラブルの指導が、落ち着いてできるようになる」と期待の声が上がっている。

 学習障害(LD)や注意欠陥多動性障害(ADHD)などの発達障害に関する項目も新たに追加。障害に気づかずに注意や叱責を繰り返すと不登校や引きこもり、暴力や家出などにつながる恐れがあるだけでなく、鬱病(うつびょう)や統合失調症に発展する可能性があると指摘。医療や福祉機関などとの連携も求めている。同省は「時代の変化に即して内容を整理し直した。日頃の指導に生かしてほしい」としている。

 ■「生徒指導提要」が挙げた主な課題

(1)インターネット、携帯電話の有害情報対策

(2)学習障害(LD)などの発達障害

(3)児童虐待

(4)いじめの早期発見

(5)自殺防止

(6)喫煙、飲酒、薬物乱用

【関連記事】
生徒指導専任教員制が奏功、不登校3割減 大阪・箕面市
ネットいじめ監視スタート 「いじめ受けた経験生かしたい」
教諭が生徒の父親に「差別はがき」 校内では生徒指導担当
都教委、学校裏サイト監視結果まとめる 不適切な書き込み6500件
都立高90%以上に「裏サイト」存在
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

発見の3遺体は不明経営男性ら 長野県警確認 (産経新聞)
<歯科医師>自民離れ 党員4分の1に 埼玉の政治団体(毎日新聞)
筑波大元教授の請求棄却=「論文データ改ざん」解雇訴訟−水戸地裁支部(時事通信)
被災地での支援マニュアルを作成−全国ホームヘルパー協議会(医療介護CBニュース)
対馬軍事化時代の証し、戦時中の陸軍標石確認(読売新聞)

<チューリップ>春のじゅうたん…120万本が満開 三重(毎日新聞)

 三重県桑名市長島町のテーマパーク「なばなの里」でチューリップ約120万本が満開になっている。今年は気温の低い日が続いたため見ごろの期間が長くなり、今月下旬まで楽しめるという。

【写真特集】東京・丸の内のオフィス街で8万本のチューリップ

 約4.3ヘクタールの「花ひろば」に約200種のチューリップが植えられている。赤や白など色とりどりの花が咲き誇る園内では、家族らが散策し、「華やかな春」を満喫していた。日没から午後9時まではライトアップされている。【沢木繁夫】

【関連ニュース】
【写真特集】春の美しい草花がいっぱい 毎日植物園
【特集】さくら前線北上中 全国のさくら情報満載
【写真特集】写真で見る各地のさくら便り
【写真特集】写真で見る花見今昔

鳩山首相、責任転嫁?混迷普天間「メディアが動きすぎ」(産経新聞)
運転士「快速と錯覚」駅300メートル過ぎ急制動 JR奈良線(産経新聞)
郵便不正、元局長「作文調書」署名求められた(読売新聞)
弁護側の同意ない調書 検察、誤って読み上げ(産経新聞)
J:COMケーブルテレビ回線電話が復旧(産経新聞)

<ネット名誉棄損訴訟>接続業者にも開示義務 最高裁初判断(毎日新聞)

 インターネット上で名誉棄損に当たる書き込みがされた場合、サイトへの投稿を媒介する接続業者(プロバイダー)に発信者情報を開示する義務があるかが争われた訴訟の上告審で、最高裁第1小法廷(金築誠志裁判長)は8日、「開示義務がある」とする初判断を示し、「義務はない」と主張した業者側の上告を棄却する判決を言い渡した。

 静岡市の土木会社が「社長は暴力男」などと書き込みをされ名誉を傷つけられたとして、携帯電話を使った投稿を媒介した「NTTドコモ」(東京都千代田区)に対し、07年に発信者の住所や氏名を開示するよう求めた。

 02年施行のプロバイダー法は「不特定の閲覧者に情報を送信する『特定電気通信役務提供者』は、名誉を棄損された被害者に情報を開示する義務がある」と定めている。

 1審東京地裁は08年に「接続業者は不特定の閲覧者に直接情報送信していない」と請求を棄却したが、2審東京高裁は09年に開示義務を認めた。司法判断が分かれた時期もあったが、現在は「義務がある」との判断が主流になっており、小法廷も「情報の流通過程の一部を構成する以上、接続業者も『役務提供者』に当たる」との判断を示した。【伊藤一郎】

千円高速で資金難…山梨「ミス宝石」開催見送り(読売新聞)
平沼新党、午後に旗揚げ(時事通信)
<情報公開>「行政透明化検討チーム」設置へ 15日初会合(毎日新聞)
自民が臨時役員会(時事通信)
民主党政権へ 自滅は御免こうむる(産経新聞)

ロック誌高齢化の波 心は熱く目には優しく活字大きく(産経新聞)

 ビートルズやボブ・ディランら欧米のベテランロッカーやミュージシャンの特集記事で人気の老舗月刊音楽誌「レコード・コレクターズ」が、主要読者層の高齢化を受け、4月15日発売の5月号から活字を現在より約10%大きくすることが2日、分かった。「字が細かくて読みにくい」との読者からの要望に応えたという。かつて若者文化の象徴だったロック音楽だが、時の流れには逆らえない?!

 同誌は昭和57(1982)年にミュージック・マガジン社が創刊した。公称発行部数は約15万部。約10年前から、読者ニーズの取り込みに力を入れるため毎年12月号にアンケートはがきを付け、翌年の2月号に読者が選ぶ「再発CD年間ベスト20」や同誌への意見を掲載するなど活用してきた。

 ここ数年、アンケートはがきを送ってくる熱心な読者のほとんどが50代半ば以上で、「字が小さくて読みにくいので大きくしてほしい」という要望が編集部に多数寄せられたという。編集部内で協議した結果、5月号から文字の拡大など大幅な誌面刷新の実施に踏み切ることにした。

 同誌の寺田正典編集長(47)は「編集部内では文字拡大による情報量減少を危惧(きぐ)する声もあったが、レイアウトに工夫を凝らし、減少は最小限にとどめた。実は私自身も最近、老眼鏡をかけて編集作業をしていることも影響しています」と話す。

 今回の同誌の刷新には、若者の洋楽離れやネットの普及による活字離れの影響もうかがえるが、寺田編集長は「ロック音楽が真に革新的で多くの人をひきつけたのは1980年代半ばまでで、そのころにファンだった若者がロック音楽とともに年を重ねている。読者の高齢化は避けられないが、若い世代にも親しめるようなメディアをめざしたい」と意気込んでいる。

 出版科学研究所(東京)の佐々木利春・主任研究員(59)の話「若者の情報源が雑誌からネットに移った昨今、雑誌の読者の平均年齢はどんどん上がっている。今後、若者向けの雑誌は成立しにくい。レココレのような読者の高齢化にきっちり応える取り組みは今後増えていくのでは」

<ソメイヨシノ>東京で満開…平年より4日早く(毎日新聞)
久々の卵? トキが産卵の可能性(産経新聞)
民主、正副幹事長会議 「小沢−生方」直接対決空振り(産経新聞)
派遣型風俗店事務所に3人組、200万円奪う(読売新聞)
若林氏辞職「魔が差したとしかいいようがない」と陳謝会見 青木氏からの「依頼はない」(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。